image4

アメリカ・ペンシルバニア州にある動物保護施設に1匹の猫が運び込まれた。

老人だった飼い主が亡くなってしまったあと何年も放置されていたというこの猫の毛はドレッドヘアーのように固まってしまい、見るも無残な姿に。

この固まった毛はすぐさま医療チームによって刈り落とされたそうだ。

現在猫は元気を取り戻し、今後は飼い主だった老人の親戚が引き取る予定なのだという。

長毛種の猫でもここまで毛が伸びることはないと思うけれど、一体どうやってこんな状態になったんだろう?

何にしろ、今後はこんな事態が少なくなるように高齢者とそのペットのチェックをしっかり行ってほしいものだね。


まるで触手のようにも見える毛の塊。
1dyXneN

後ろから見るとこんな感じに。
「猫がフェレットに襲われているみたいだ」「猫叉の正体はコイツだ」なんて言ってる人もいて、ちょっと笑ってしまった。
m5TCVsO
 
毛を刈り落とされた後。可愛い三毛猫なのであった。
r0lsxpu