f0144394_19463599
一見、ただの白い毛の塊にしか見えないこの物体。実はアンゴラウサギ(正式名称はイングリッシッ・アンゴラ)というウサギなのだ。

他のウサギよりもはるかに長い被毛が特徴で、カットせずにいると顏も耳も隠れるほどに伸び、遠くから見ると何の生物か分からなくなる。

祖先はアンカラ地方 (トルコ)のウサギで、18世紀に被毛を利用するためにヨーロッパで改良されて生まれた。

現在ではペットとしても飼育されることが多く、日本でも10万円前後で販売されている。
しかし被毛の長さによる病気や温度管理が大変な事から、ウサギ初心者には飼育が難しいそうだ。

近年は「被毛を利用することが可哀想」という意見が広まり、被毛目的での飼育どころか、ペット目的での飼育も規制されかけているとか。

日本でも規制されてしまう可能性がなきにしもあらずなので、興味のある方はお早めに。


c0027188_702711
 
毛をカットしてあげると、こんな感じに。
BaEKIhVCQAAvtAt
 
f0144394_19463599
 
mig
 
pic104
 
zJEJLSz-e1448266559758
 
angora001
 
毛を伸ばしまくると、もはや別の生物に見える。
af71d387
 
256464
 
子供の頃は普通のウサギと変わりない。
pic72