T


現在は、ガーナにしか生息していない珍しいモンキーを、ご紹介します。その名前は、「ロロウェイモンキー(Roloway Monkey)」です。「ロロウェイモンキー」を一目見て、目を引くのは、その長くて白いひげと頭の部分に王冠のように白い飾りがあることです。長いひげだけではなく、胸、喉の部分も白いです。また、背中に濃い赤色やオレンジ色の部分があります。顔や毛皮のほとんどは黒色ですから、白と黒とオレンジのコントラストがはっきりしていて、とても目立ちます。身長は、40〜55センチメートル程で、尾っぽは、50〜75センチメートルもあります。

①


「ロロウェイモンキー」は、額の三日月形の白い模様が特徴的で、ローマ神話の月の女神「ディアナ」(ダイアナ)から由来している「ダイアナモンキー」の亜種のようです。彼らは、昆虫、フルーツ、種子、花などを好んで食べるので、ほとんど樹の上で生活しています。その森林である生息地が破壊して減少してきているので、減少傾向にあります。そんな「ロロウェイモンキー」の赤ちゃんは、妊娠して生まれるまでに約5ヶ月ほどかかります。2012年にフランスのミュルーズ動物園内で赤ちゃんが誕生しました。その赤ちゃんの名前は、「オワビ」と言うみたいです。 そちらの画像がコチラです↓↓

②


「ロロウェイモンキー」の赤ちゃんの珍しくて、可愛い動画を見てみてください。