064c6446


牛と言えば白と黒の模様がある、ガッシリとした姿が思い浮かぶことだろう。
しかし今回紹介する「テキサストルネード」は、そんな一般的な牛とは一線を画している。
何を隠そう、この牛は「モフモフしすぎている牛」なのだ。

柔らかそうな毛といい、モコモコした足といい、まるでぬいぐるみにしか見えないテキサストルネード。
牛乳や牛肉用ではなく、鑑賞用としてアメリカで作り出された種類だそうだ。確かにこの可愛さはずっと見ていたくなるよね。

その自慢のモフモフの毛を綺麗に見せるために、日々のトリミングは欠かせないそうだ。 毛のカラーバリエーションもかなり豊富。
ちなみに角が無い個体がほとんどで、生えてきた場合には切ってしまうのだとか。

約400万円で購入できるそうなので、牧場に空きがある方は飼ってみてはどうだろうか。



Texas-Tornado2-1024x756
 
Johnny-Footaball1-1024x668
 
30785dfe-s
 
CSZyAxXUEAAobvs
 
064c6446
 
today-inline-large
 
こちらは普通の牛。比べるとモコモコ具合がよく分かる。
cow-1
 
テキサストルネードの動画がこちら。