Swedish-Vallhund


皆さんご存知のダックスフンドをはじめ、世界には様々な短足犬が存在する。

狩りのためだったり、牧畜犬としての役割のためだったり、足が短い理由は犬種によって色々。
何にせよ、その短足が我々を魅了している事実は変わりないのである。

今回は、そんな魅力的な短足犬たちを紹介していこうと思う。


短足犬No.1の人気者【ダックスフンド】

日本では人気犬種ランキング上位の常連、ダックスフンド。もはや知らない人はいないのではないだろうか?
体のサイズもスタンダード・ミニチュア・カニンヘンと、大中小が存在する。
巣穴の中にいるアナグマを狩るために短足に改良された。
87


プリケツな短足ちゃん【ウェルシュ・コーギー・ペンブローク】

短足犬の中ではダックスに次ぐ知名度を誇る、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク。
牧場で牛を誘導する際、牛の足の間を潜り抜けやすいように短足になった。
また、牛に尻尾を踏まれないようにするために断尾(尻尾を切ってしまう)するという、牧畜犬としての機動性を追い求められた犬種でもあるのだ。
welshcorgi007

ちなみに似た種類としてウェルシュ・コーギー・カーディガンという犬種もいる。
名前も姿も似ているけれど、歴史的にペンブロークとは全く別の血統。断尾をしないのも特徴の1つ。
640_480


あのマリリン・モンローも飼っていた【バセット・ハウンド】

眠たそうな目、地面についてしまいそうなほど長い耳が特徴的な短足犬。
ダックスフンドと同じく、アナグマやウサギなどの狩りのために短足へと改良。
20090226210135


コーギーの祖先?【スウェーディッシュ・ヴァルフント】

先ほど紹介したコーギーと似た犬種で、牧畜犬という役割も同じである。
コーギーとは血統的に深い関わりがあると言われており、ヴァルフントが先祖となってコーギーが誕生したのか、その逆かについて今でも議論が交わされているそうだ。
Swedish-Vallhund


謎が多い日本の短足犬【大東犬】

沖縄で生まれた短足犬だが、そのルーツについて詳しいことは分かっていない。
短足になった理由は「台風で飛ばされないようにするため」「島が狭いから長い脚は必要なかった」など様々な説があるけれど、これもまた定かではないそうだ。
他の犬種との交配により、現在は20頭弱まで数が減ってしまっているのだとか。
90ba22ee98cbe43a